英語・英文で手紙を注文することはできるの?

アメコミ風のコマわり

サンタクロースからの手紙を頼む時、日本語で頼むか英語で頼むか迷っている方は少なくないんじゃないかと思います。英語は読むのが大変ですが、そのほうが海外からサンタさんの手紙が届いたという雰囲気をより強く感じることができそうです。

本記事ではサンタクロースからの手紙で、英語で文章を送ることができるサービスはどこなのか?英語で手紙を送る際のメリットや注意点などについてご紹介していきます。

なお、日本語か英語かを決めた後、どこのサービスから送ろうかまだ決まっていないという方は、下記の記事で各サービスを比較、またお勧めのサイトを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

オススメのサンタクロースからの手紙

 

サンタクロースからの手紙で、英語の文章で送ることはできるのか?

お子さまの勉強のため、母語が日本語ではない方のため、海外からの手紙という雰囲気を盛り上げるためなど、理由はさまざまあると思いますが、英文でサンタクロースからの手紙を送ることはできるのでしょうか。下記のように、6つのサービスについて調べてみました。

※各サービスの名称をクリックすると詳細ページをご覧いただけます。

ご覧いただきますとわかりますように、6サービスのうち5つで英文での手紙が送れるようです。5つあれば、どのサービスから送れるかもじっくり選べると思いますので、英文での送付を検討していた方には嬉しいところです。

英文のお手紙の参考例

参考として、2点の英文のお手紙をご紹介します。

日本・フィンランドサンタクロース協会の英語のお手紙

※日本・フィンランドサンタクロース協会のホームページを参照 http://jf-santa.gt.shopserve.jp/SHOP/3.html

サンタレター協会の英語のお手紙

※サンタレター協会のホームページを参照 http://www.santaletter.jp/tegamigaiyo/template.html

手紙の末尾に追記できるオリジナルのメッセージについて

なお、上記のサービス比較において、いくつかのサービスには「メッセージも英文表記が可能」という言葉が使われていますが、これは手紙の末尾に購入者が好きな文章を入れることのできる欄のことです

オリジナルメッセージの使い方

使い方としてはさまざまだと思いますが、送り主であるご自身の名前を記載したり、送る相手がご自分のお子さんであれば今頑張っていることへの励ましを記載したり、さりげなく感謝やお礼を伝えたりといった使い方が多いようです。もし、本文が英語の手紙を頼んだ際には、このオリジナルメッセージ部分も英語で記入をしたほうが、手紙全体の雰囲気が統一されると思いますので、そのほうがよいでしょう。

オリジナルメッセージの制限もサイトによってさまざま

ちなみにですが、このオリジナルメッセージについても、サイトによって何文字くらいとか、どこに表示されるとか、そうした決まりはそれぞれです。詳細については、各サービスの公式サイトをご覧になってみてください。

 

英語の手紙を送る際の注意点

さて、上述したように英語の文面の手紙は多くのサービスで送ることができます。ただ、英語というだけに気をつけておきたいこともあるでしょう。パッと思いつくのは、内容が難しくて読めないことがないかということです

特にお子さんの勉強も兼ねてと思って送ったら、英語の文法等が難しくて、内容を充分に理解できなかったとしたらとても残念です。小さなお子さまであれば読むのを断念してしまうかもしれません。さらに、しかたなく親御さん自ら読もうと思ったら、それでも難しかったなどということになったら、ご自身もちょっと恥ずかしいでしょう。

簡単な英文を送る工夫(サンタレター協会さんの場合)

そういった観点を考えてか、上記の「サンタレター協会さん」では、お子さまの年齢にあわせて英文のレベルもある程度調整できるようです。サイト内では、英文を選択した場合には実際の年齢より低い内容のお手紙を送ることを推奨されています。「5歳下くらい」がおすすめですとありますので、そのあたりを参考にお手紙の文面を選んでみましょう。

ただ、サイトによっては、そうやって年齢ごとに手紙の内容を細かく調整できない場合があります。日本・フィンランドサンタクロース協会の場合には高校レベルの英語で書かれた手紙が届くそうです。この場合にはあらかじめ親御さんが読むつもりでいるか、大学生や社会人の方を対象に送るようにしたほうがいいかもしれません。

各サービスの内容をきちんと事前にチェックしておこう

その他にも英語だからと困ってしまうこともあるかもしれません。もちろん、冒頭でも書きましたように英語で送ることによるメリットもたくさんあります。ですから、なぜ、英語で送りたいのか、そのあたりをきちんと整理をしてから、注文をしたほうが、きっと満足いくお買い物ができるのではないかと思います。

 

日本語と英語のどちらがよいの?

以上、サンタからの手紙の英文について紹介してきました。ここまで読んで日本語と英語のどちらがよいのかと気になっている方もいるでしょうが、それはどちらが正解というわけではなく、送り手側と受け手側の考え方によります。

たとえば、お子さまに英語に興味を持ってほしいと思ったら、英語の文章を送るのがよいでしょう。逆にサンタさんから手紙が届くという感動を優先するなら、日本語のほうがよいかもしれません。贈る相手によっていろいろと考えてみるのがよいのではないでしょうか。

 

以上、お読みいただき、ありがとうございました。なお、英語か日本語かに関わらず、サンタからの手紙の文面がどのようなもので、どれだけ種類があるのかといったことが気になる方は、下記の記事に詳しいので併せてご参照ください。

サンタからの手紙の文面って何種類あるの?

また、当サイトでは、こうしたサンタクロースからの手紙に関する情報や、選ぶ際のポイントなどをご紹介しています。ぜひ、他の記事もあわせてご覧になってみてください。下記はサンタクロースからの手紙を購入する際によく聞かれる疑問点です。ぜひ併せてご参照ください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ