サンタからの手紙が届かない時の対処方法

ドアからのぞくサンタさんとトナカイさん

サンタクロースからの手紙サービスで毎年よく聞かれる苦情の一つが、クリスマスになったのにサンタクロースからの手紙が届かないというものです。なかには、サンタクロースからの手紙は詐欺なのかと怒っていらっしゃる方も見受けられます。

 

サンタからの手紙なのに、クリスマスに届かないってどういうこと?

確かに、サンタクロースからのプレゼントなわけですから、クリスマスを過ぎてしまっては意味がないとは言わないまでも、頼んだ方もお子さまとしてもガッカリしてしまうでしょう。お金もそうですが、こうしたことに「お子さまの夢を壊された」と感じて、怒ってしまう方がいるのも仕方のないことだと言えるでしょう。

いったい、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

その理由、そしてそうした時に購入者としてどうすれば良いのか、本記事では考えてみたいと思います

 

手紙の未着や遅延は詐欺ではなく、海外の郵便事情が影響している

サンタからの手紙が届かなかったり、遅れてしまう理由は、結論としては海外から発送してもらうタイプのお手紙ですと、どうしても「海外の郵便事情に左右される場合がある」ということです

特に昨今はテロがあったりと、空港でも船便でもさまざまなリスクヘッジをしなければなりません。これを予期するのは難しいことです。

たいていのサービスでは遅れる可能性がサイト内で紹介されているはず

この点については、サービスの「WEBサイト内でおそらく明示されている」はずです。上記のような理由で遅れる可能性があるよという文章が、よくある質問などに記載されていないでしょうか?一度ホームページを確認されてみてください。

たいていのサービスは日付指定ができないからクリスマス当日には届けられない

また、よくある誤解ですが、「サンタクロースからの手紙」というサービス名だけを見ると、なんとなく必ずクリスマスに届けられるという印象を持ってしまいがちです。しかしながら、実際にはたいていのサービスは12月中旬~クリスマス頃に届くというように説明をしているはずです。これは下記のように、エアメールですと、日付指定ができないからなのです。

エアメールは日付を指定して送ることができない

サンタクロースからの手紙はエアメールで送られます。エアメールとは国際郵便のことで、手紙・ハガキだけではなく、グリーティングカードや荷物、印刷物などの種類があり、方法としてはエアの名前通り航空便で送るものがあり、さらには船便やエコノミー航空便などがあります。サンタクロースからの手紙の場合は航空便で配送され、はるか北のフィンランドから、飛行機によって手紙が日本まで運ばれてくるのです。

それゆえ、サンタからの手紙がクリスマス当日に届かず、その前に届いてしまうというのは、実は仕方のないことでもあったのです(最近は日付指定をできるサービスも出てきているようですが)。

この点についても、一度「サービスのホームページを確認」されることをおすすめします

 

海外から送られてくるのが魅力だが、それがリスクでもある

こうやってはるか「海外から手紙が送られてくる」のは、「サンタクロースからの手紙の魅力」でもあります。しかしながら、日本国内での一般的な郵便と比較すると、当然時間がかかりますし、天候状況などによって遅延なども生じてしまうのです。実際のところ、サンタクロースからの手紙に限ったことではなく、エアメールでは到着が遅れること、もしくは届かないといったことは少なくありません。

特に先進諸国に比べ、アジアやアフリカといった地域では現地の郵便事情の悪さもあって、そうした事態に陥りやすいという事実もあります。日本にずっといるとわかりづらいことですが、「日本の郵便事情は他国に比べて非常に優れている」と言えるのです

各社サービスによる遅延理由の発表

では、サンタクロースからの手紙を販売する各社は「遅れの理由」について、どのように言っているのでしょうか。2014年度について見たところ、下記2つの理由によって遅れが発生しているという報告がありました。

  • テロ対策強化で、通関(輸出入の許可)手続きに例年以上に時間を要したため
  • 低気圧の影響のため
遅延理由は事前の予想が難しい

ご覧いただくとわかるように、どちらも予想が難しいものです。テロ対策強化はやはり現在ではやらなければならないものでしょうし、各国での規制について文句をつけることは運営会社さんとしても難しいところでしょう。また、低気圧で交通が麻痺してしまった場合にも、なかなか対策が難しいのが実状でしょう。

上述してきたように、サンタクロースからの手紙が遅れる理由というのは、エアメールという特性に加えて、自然災害や各国の法律など、事前に予測をしたり、避けたりすることが難しい自称の発生にあるようです

 

サンタからの手紙が届かないことを防ぐためにできること

とはいえ、サンタクロースからの手紙という名称であって、楽しみにしている方がいる以上は、しっかりと届いて欲しいというのも当然のことです。手紙の到着が遅れているかもしれないと思った時、私たちは何をすればよいのでしょうか。以下で大きく3つのポイントをご紹介します。

1. 配達状況を確認しよう

手紙の配達状況について、遅れなどが発生した場合には、多くの場合はホームページで告知をされます。ですから、手紙を購入してクリスマスが近くなったら、2、3日に1回でも「ホームページを確認することが大切」です

また、サイトに会員登録などをしていれば、メールで遅延の連絡が来ることもあるはずです。この辺りもきちんとチェックをしておきましょう。こうしてこまめに確認をしておけば、遅延状況をクリスマス前に自前に把握できるはずですから、何かしら対策を打つこともできるはずです

至急確認したい場合には、お問い合わせに電話しよう

さらに、とにかく確認したいということであれば、電話などで確認してもよいでしょう。何度も電話をするのは迷惑かもしれませんが、クリスマスの数日前などになったら、念のためという形でスタッフさんに聞いてみれば遅延がなければ安心できますし、遅れていたとしても数日前であれば何かしら対応をできるはずです。

2. 国内発送で代替してもらおう

これまで述べてきた遅延については、サンタクロースからの手紙を届ける運営会社さんも、ほとんどの場合に申し訳なく思ってくれているようです。会社によって、その対応はことなりますが、たいていの場合は遅延がわかったらすぐに、国内からの手紙で代替することができるようです。また、会社によっては、夏に届くサマーカードを送ったり、誕生日カードを送ったり、もしくは来年のお手紙を予約できたりと言ったサービスを、無料で追加してくれたりするようです。

もちろん、フィンランドなどの海外から届くというのは大きな魅力ですが、国内発送でもきちんとクリスマスに届くのであれば、それは嬉しいことではないでしょうか。この辺りについては、上述したように、各社で対応が違いますのでしっかりと確認をしましょう。

最近で国内発想で日付指定ができるサービスもある

また、2017年2月現在では、いくつかのサービスにおいては日付を指定して送ることもできるそうです。たとえば、サンタワールド日本事務局ですが、こちらのサービスでは国内発想ということを条件に、12月24日「クリスマスイブに手紙が届くようにあらかじめ依頼」することができます。

国内発送」であれば海外よりもずっと郵便事情は安定しています。ほぼ確実に24日に届くことができるでしょう。ですから、フィンランドやスウェーデンから発送されることよりも、きちんとクリスマスイブに届くことを優先したいという方には、こうした国内発送による日付指定サービスはお勧めです。この日付指定という観点については、下記記事にも詳しいので併せてご参照ください。

クリスマスなど、日付を指定して手紙を届けてもらうことはできる?

3. 手紙以外のプレゼントを準備しておいてリスクヘッジをしておこう

これは特にお子さま宛に手紙を贈っている場合のことです。万が一、クリスマスに手紙が届かないとなると、お子さまの夢を壊してしまうことにもつながりかねません。

ですから、クリスマスまでに届かなそうということがわかった場合には、何かしら別のプレゼントを用意しておいてはいかがでしょうか。多少お金はかかってしまいますが、お子さまにとってはガッカリすることなく、楽しいクリスマスという経験になるはずです。

 

 

以上が、サンタクロースからの手紙が届かないと思った時にやるべき3つのポイントです。サンタクロースからの手紙を購入した際には、ぜひこういったポイントも気にしていただき、素敵なクリスマスを過ごしてください。

お読みいただき、ありがとうございました。当サイトでは、こうしたサンタクロースからの手紙についての幅広くご紹介しています。下記の関連記事もぜひあわせてご覧になってみてください。サンタからの手紙を購入する際の疑問点、購入した後の疑問点などを紹介しています。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ