サンタクロースの正体とは?

サンタクロースって本当にいるのでしょうか?

子どもの頃にはきっと誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。本カテゴリではサンタクロースの正体について考えていきたいと思います。

 

サンタの正体を子どもに聞かれた、いつ子どもにばらすべきなのか?


おそらく多くの親御さんが悩むのが、子どもにサンタの正体を聞かれたタイミングではないでしょうか?実はお父さんとお母さんなんだよ、と伝えてしまってよいのか教育的な観点から悩む人は多いはずです。

一方でいつまでも本当にサンタさんが現実にいると思ってしまうことも不安に思う場合もあるでしょう。このような時、私たちはどうすればいいのでしょうか?

いつか子ども自身が気づくのを待つ


簡単なのはごまかして、いつか子ども自身が気づくことを待つことでしょう。クリスマスになると、サンタさんが本当にソリに乗って空を飛んでいるわけではないということを知るのは、今の大人の誰もが通ってきた道です。

もしかしたら、辛い思いもするかもしれません。でも、親に無理に事実を知らされるよりも、自分なりに事実を認めて解釈して認めていくということは、子どもの成長にとってもとても大切なことなのではないでしょうか。

親として真剣に伝えるのも1つ


ただ、親御さん自身がそれを親から教えられないばかりに悲しい思いをしたと言った場合には、どこかのタイミングで伝えたいと考えるかもしれません。それも1つの答えでしょう。決して間違ったことではないと私は思います。

ある新聞社の夢のある答え


しかしながら、お子さまに伝えるからには伝え方には最大限の配慮をしたいところです。雑な伝え方をすれば、お子さまの気持ちを傷つけてしまう可能性があるからです。そこで参考としておすすめしたいのが下記書籍です。

書籍:サンタクロースっているんでしょうか?




この本はアメリカでのお話です。ある女の子が新聞社に「サンタさんはいるの?」と問いかけたのですが、その答えが本書に載っているのです。興味のある方はぜひ書籍をご覧になってみてください。また、下記の記事でももう少し詳しく紹介していますので併せてご覧ください。

書籍「サンタクロースっているんでしょうか?」

サンタクロースの正体を追いかけた冒険家がいた


以上、サンタクロースの正体について、お子さんにどのように伝えるかを考えました。

次にお伝えしたいのは、意外な方向からサンタの正体を探ったとある冒険家の話です。その冒険家は大人になってから、「サンタはどこにいるのか、どこにいたのか」ということを真剣に考えたのです。そして実際に世界中を旅して、サンタの起源・招待を探ったのです。次から次へと出てくる謎を、自分の頭で足で考えて答えを導き出していく姿は、子供はもちろん親にも様々な気づきを与えてくれるはずです。

12月25日の怪物: 謎に満ちた「サンタクロース」の実像を追いかけて




タイトルは上記のとおり、「12月25日の怪物: 謎に満ちた「サンタクロース」の実像を追いかけて」です。非常に面白い書籍ですからぜひ一度ご覧になってみてください。

 

上記書籍をもとにサンタクロースの正体を探るたびについて、下記記事でざっくりとまとめています。

サンタクロースの起源と、トルコのクリスマス

こちらも併せてご覧ください。以上、お読みいただきありがとうございました。

オランダでクリスマスへと姿を変えた聖ニコラウス祭

  参考:12月25日の怪物: 謎に満ちた「サンタクロース」の実像を追いかけて 本記事は上記書籍を参・・・

イタリアにわたった聖ニコラウス(サンタクロース)

  さて、前回の記事ではサンタクロースの起源となった聖ニコラウスについて話をしました。 サンタクロー・・・

サンタクロースの起源と、トルコのクリスマス

参考:12月25日の怪物: 謎に満ちた「サンタクロース」の実像を追いかけて 本記事は上記書籍を参考に書かれてい・・・

書籍「サンタクロースっているんでしょうか?」

さて、今回は「サンタクロースからの手紙」というサービスについてではなく、とある本についてご紹介をしようと思いま・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ